白血病と闘う12才のジョシュアの近況報告ブログです。初めての方は「はじめに」をお読みください☆
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ベラ(フェイス)からのオープンレター

こんにちは・・・私はフェイスです。私の名前はベラと言いますが、これはロシアの名前で「フェイス(信仰)」という意味なので、これがふさわしいニックネームだと思いました。


私は小さな家族とドイツに住んでいて、46歳です(今月の終わりには47歳になります)。私はジョンというイギリス人と結婚しジョシュアという世界一素晴らしい男の子の母親です(親ならば自分の子どもに関してみんなそのように言うでしょう?)。彼は1997年の1月22日に生まれ、私たちの人生の全てを変えました。


私はもともと反抗的でしたので、自分を母親と思ったことはありませんでした。私は馬に夢中になり、後には暇さえあれば自分の大好きなバンドたちに熱中していました。音楽が私の人生だったのです!今もです!


1996年は恐ろしい年でした。友人のビニーが1月に亡くなり、3月には父が、そしてベストフレンドのJJが6月に亡くなったのです。もう耐えられないと思ったとき、私は妊娠していると知ったのです。JJの葬儀の直後でした。そのとき、私はこの子を「JJ」と呼ぶことにしたのです。友人への敬意を示して。だから息子にジョシュア・ジョン=JJと名づけたのです。


ジョシュアは私に似てやんちゃな子です(笑)いつも問題を起こして、冗談ばかり言って、先生たちや近所の人たちやみんなをびっくりさせます。不愉快にさせるようなことはしませんが、彼は確かに手に余る子です!


彼は3歳の時にサッカーを始めて、何てことでしょう、とても上手なんです!もう一度言いますが、技術もありますし、強いですし、でも時々とても頑固になります。ジョンと私は始めからジョシュアのキャリアをサポートし、9年間に亘って週に5日ヨーロッパ中のサッカーピッチや試合、トレーニングやトーナメントで過ごしました。それは時に大変なときもありましたが、それが彼の夢でしたから、私たちの夢にもなりました。


ジョシュアは音楽も大好きです!(彼は笑いますが、私という)最高の人に導かれて、彼は始めからいい音楽に触れてきました。彼はホワイトスネークやSAXONに何度も会いました(私が何年も個人的に知っていたバンドたちです!)そして、もちろん、マイケルに憧れています!


ですから、私たちは普通の家族と人は言うでしょう・・・まあ、中にはそう思わない人もいるかもしれませんが、少なくとも私たちは一般的に家族がするようなことをしていました―働いて、学校に行って、サッカーをして、家事をして・・・私たちは議論もしましたし、笑いましたし、喧嘩もしましたし、良い時もあれば悪いときもあって・・・そのほかいろいろです。


今年の6月、あの恐ろしい日にマイケルが亡くなったとき、私たちはズタズタになり、何とかして生き延びようとしました。正直、私たちはそれより悪いことが起こるなんて信じられませんでした。


どうして知りえたでしょう。


10月28日、THIS IS ITのチケットを買って観に行った時、私たちの世界は突然停止しました。実際、世界の回転が止まって宙に放り出されました・・・天国と地獄の間の空間にです!


それは私たちの唯一の息子、私たちの人生で最も大切な「存在」が白血病と言う血液のガンに冒されていたのです。まるで目に見えない巨大な怪獣に掴まれてバラバラに引きちぎられたような一日でした。私は絶対に忘れることができません。一瞬一秒たりとも、生きている限り!私はこれまでの人生でそんな苦しみ、闘い、絶望、全くの恐怖を経験したことは決して、全くありませんでした。ジョンもそうでした。そうに違いないと確信しています。


これまでの6週間、私たちはJJと一日中一緒にいました。彼の周りに回っている全てのもの、他のものは関係ありませんでした。昨日、私は仕事を辞めました。両方をすることはできないし、勤め先は無給でも休みをくれそうになかったからです。私たちは、家族として、悪夢を生きていてそこから目覚めることができません。


今日、息子の治療の5週間目に入り、ジョシュアは悪魔と戦っています。私たちは本当に彼を誇りに思っています。ジョシュは私よりもしっかりやってくれています。本当です。6回の手術と5回の化学治療を耐えて、彼は「壊れていない」のです。しかし彼は静かに苦しんでいます。それは彼の表情や彼の言うことで分かります。彼がある晩病院でこう言った時、私の心は引き裂かれました。「ママ、僕には計画が沢山あったんだ・・・そしてTHIS
IS ITを大スクリーンで見ることはもうできないんだ。」これを聞くのは信じられないほど辛いことで、これを書きながら涙がまた流れてきます・・・。そして、私もTIIをもう一度観に行くことはありませんでした。私の子を置いて観に行くのは間違っていると感じたのです。


この物語はいつどのようにして終わるのでしょう。私たちには分かりません。しかし私がずっとこの大切な子のゆえに神に感謝してきたように、今私は神が憐れんでく下さって彼を助けてくださるようにと祈り続けています。


他に何を書きましょうか?このサイトの人たちに大きな「ありがとう」です!このトリビュートの創設者の方々や友人たち、知らない人からもいただいた愛やサポートや励ましの大きさは信じられないほどのものです。心が温まり、慰められます。想像もしていなかったことです。不可能だと思っていたことですが、これらのお陰で人生は生きやすくなりました。私たちがどれだけ感謝しているかは言葉に表せません!もしできるなら書くでしょう。でもできないのです!


でも私は驚いていません。これはマイケルのファミリーですし、このコミュニティーは最高の人物から学んだのですから!マイケルはあなた方一人ひとりに彼の愛の特質のひとかけらと光を残してくれ、ジョシュアと私たちはその温もりを感じています。


あなたが私たちに与えてくれたもの全てに感謝します!これ以上にないくらい皆さんを愛しています!


引き裂かれた心より・・・


愛を込めて、ベラ(フェイス)、夫のジョンと愛するジョシュア(JJ)より


ジョシュアと彼の家族にメッセージを送るにはここをクリックしてください。

原文はこちら

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© ジョシュアの近況. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。