白血病と闘う12才のジョシュアの近況報告ブログです。初めての方は「はじめに」をお読みください☆
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
2010年2月11日
今月の始めに、私たちは治療を続けるために病院に戻りました。私たちは新しい部屋に移りましたが、そこには8歳の女の子がいて、あっという間にジョシュアが大好きになりました彼女の名前はジャスミーナと言って、骨の癌に侵されています。これが私たちの病棟での日常です。

月曜日は健康診断と準備だけでした。ぞっとするよ、とジョシュアは言いますが。

ジョシュアは火曜日の朝に2つの小さな手術と最初の化学治療を受けました。全てが順調に行きました。お医者さんたちはがん細胞がないか調べるためにまた骨髄と細胞を採取しました。

辛かったのは水曜日です。精神的に。「キラー化学MTX」(去年の終わりにジョシュアがひどく苦しんだものです)をお医者さんが持ってきて、ジョシュアが恐れで顔面蒼白になるのを見ると心が砕けそうでした。ジョシュアは泣きに泣いたので、落ち着かせるのが大変でした。

どうにかして私たちはジョシュアの心を静めさせました。病棟のセラポストが来て、ジョシュアのお気に入りのサイコロゲームをしようと挑戦してきましたので、私は自分を取り戻す時間を持つことができました。そのほかの日は学校やらテレビを見たり部屋の引越しをしたりで忙しくしていました。また、アナというもう一人の女の子が同じ病棟に入りましたから、ジョシュアは女の子パワーに圧倒されてしまうでしょう。

アナも白血病です。ジョシュアより1歳年下で治療は4ヶ月長く受けています。なのでジョシュアは彼女の様子を注意深く見ています・・・そして私もです!

私たちはジョシュアの親友である19歳のダニエルと一緒に引っ越してきました。そして彼らは一緒になって私を何とかして驚かそうとしています!年の差はあるものの2人は家を吹き飛ばさんばかりの勢いです。ダニエルは骨の癌がありましたが、ちょうど治療が終わったところでした!神様の祝福がありますように!

その夜は短く、常にブザーの音に目を覚ましていました。木曜日の午前10時に、「キラー化学MTX」は24時間かかって終了しました。ジョシュアは明らかにホッとした表情をしていました。副作用はすぐには現れませんが・・・4日から7日経って現れてきます。

その日の夕方遅く、ジョシュアのお医者さんたちのうち一人の先生が入ってきて「良い知らせだよ。骨髄にはがん細胞は見当たらなかった!」と言いました。神様ありがとうございます!でも再発の可能性はありますし、がん化する可能性のある小さな細胞があるかもしれません。治療が長くかかるのはそのためです。

だいぶ安心して幸せな気持ちになり、私たちの部屋を出て新しい友達に会いに行くと、1人は涙を浮かべ、もう1人は恐れに取り付かれた表情をしている様を見ました。

彼女たちは悪い知らせを受け取ったのでした。アナは骨のがん細胞がなくなっていたのに再発していました。そして小さなジャスミーナは片方の脚ともう片方の膝から下を切断しなければならないかもしれないとのことだったのです。また「私たちの」女の子の1人は(綺麗な17歳の女の子です)は余命5ヶ月と宣告されたことも知りました。

私はいい気分でいたことに罪悪感さえ感じました・・・結果的にはいい気分でもなくなりましたが・・・そしてアナも状態が思ったよりも良くないということは私の希望を打ち砕きました。

金曜日にはもう一つ化学治療があります。それから土曜日には家に帰ります。1週間家で過ごせるといいと思います!

ジョシュアの良い状態は長く続きませんでした。24時間のうちにあの忌まわしい化学治療の副作用が出たので、月曜の朝には病院に連れて行きました。それからずっと具合が悪く、ただ横になっているだけで、食べもせず、話もせず、笑いもしません。

ジョンも私も疲れました。幻滅し、もうたくさんだと思いました。

でも私たちは何が起こるか見てゆきます!一緒に!あなたのサポートと、思いと、祈りとです!みなさんに神様の祝福がありますように!

3人より沢山の愛を込めて!xxx
スポンサーサイト
© ジョシュアの近況. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。